タテルヨシノ銀座 11周年 記念メニューのご案内

昨年10周年の節目から早1年。レストラン タテル ヨシノ 銀座は、また1年間歩むことができました。
これも一重にお客様の厚いご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
これからも多くのお客様の笑顔に巡り合えるよう邁進いたします。

タテルヨシノ 銀座はこれを記念し、9~10月の2か月間限定にて「11周年記念メニュー」をご用意いたします。「海亀のコンソメ」や「鴨のトゥールト」などがお楽しみいただける、吉野シェフのこれまでの軌跡や思い出の詰まったコースです。

■金  額 お1人様 ¥30,000(税・サ別)
■提供期間 9月1日~10月31日 ※通常メニューに加えご用意いたします。
■ご予約・お問い合わせ  03-3563-1511
特典付 WEB予約はこちら>>

Menu du 11ème Anniversaire
タテルヨシノ銀座11周年特別メニュー
—————————

Cocktail de caviar Osciètre et Kegani,sorbet à la pomme verte
オシェトラキャビアと毛ガニのカクテル 青リンゴのソルベ

Consommé de tortue
海亀のコンソメ

Artichaut farci de foie gras et Saint-jacques, légumes à la niçoise
アーティチョーク フォアグラ ホタテ貝のファルシィ ニース風野菜を纏わせて

Homard bleu en cocotte lutée, émulsion de cèpes
オマール海老のココット仕立て セップ茸のエミュルシオン

Turbot de Bretagne poêlé, sauce aigre-douce
ブルターニュ産ヒラメのポワレ エーグルドゥースソース

Tourte de canard
鴨のトゥールト

Avant-dessert
アヴァンデセール

Grand dessert
グランデセール

Café biologique et mignardises
オーガニックコーヒーと小菓子

※メニュー内容は変更になる場合がございます

 

9月7日(土)開催  11周年記念「オペラ ガラ ディナー」(終了)

毎年恒例となった、東京二期会様とのコラボレーション。
今年もアーティストの皆さんの迫力の演奏がタテルヨシノ銀座のダイニングに響きました!

201909071
201909072

出演アーティストご紹介

s.takahashi

高橋 維 Yui TAKAHASHI
soprano


 

新潟県出身。 東京学芸大学卒業、同大学大学院修了。東京藝術大学大学院修了。在学時に第31回台東第九公演、中央区第九公演にソリストとして出演し、東京藝術大学出版「フランスの詩と歌の愉しみ」(大森晋輔著)のCD録音に参加。二期会オペラ研修所第56期マスタークラス修了。修了時に奨励賞、優秀賞受賞。
オペラでは『こうもり』アデーレ役、イーダ役、『愛の妙薬』アディーナ役、『ラ・ボエーム』ムゼッタ役、平井秀明作曲・オペラ『白狐』(世界初演)に乙女・狐の妖精役で出演。2015年5月二期会ニューウェーブ・オペラ劇場『ジューリオ・チェーザレ』クレオパトラ役でデビュー。同年7月東京二期会・リンツ歌劇場共同制作『魔笛』夜の女王役に抜擢された。同年11月東京二期会『ウィーン気質』ペピ役、16年東京二期会『フィガロの結婚』スザンナ、あいちトリエンナーレ『魔笛』夜の女王、さらに東京二期会・ライプツィヒ歌劇場提携公演『ナクソス島のアリアドネ』ツェルビネッタに出演し絶賛を浴びた。 平成28年度(第27回)「五島記念文化賞」オペラ新人賞の受賞によりウィーンにて研修。明治安田クオリティオブライフの助成によりウィーンで研鑽を重ねる。
コンサートソリストとしては、ヴィヴァルディ「グローリア」、ヘンデル「メサイア」、バッハ「コーヒー・カンタータ」、ベートーヴェン「第九」などに出演。国内主要オーケストラとの共演も多い。2019年11月東京二期会『天国と地獄』ユリディス役にて出演予定。
第44回新潟県音楽コンクール大賞受賞。二期会会員

t.yamamoto

山本 耕平 Kohei YAMAMOTO
 tenore


 

鳥取県出身。東京学芸大学教育学部音楽科クラリネット専修を経て東京藝術大学音楽学部声楽科首席卒業、同大学院首席修了。ミラノ・ヴェルディ音楽院修了。第39回イタリア声楽コンコルソ・ミラノ大賞、第45回日伊声楽コンコルソ第1位他受賞多数。五島記念文化賞オペラ新人賞によりマントヴァにて研鑽。更に平成27年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員として2年間イタリアにて研修。これまでに『イドメネオ』『コジ・ファン・トゥッテ』『こうもり』『愛の妙薬』『椿姫』『運命の力』『道化師』等のオペラに主演。東京二期会では『ドン・カルロ』題名役、『リゴレット』マントヴァ公爵を務めた。2018年11月東京二期会『後宮からの逃走』ベルモンテ、19年2月同『金閣寺』柏木役にて出演。今年は11月同『天国と地獄』オルフェ役にて出演予定。キングレコードよりCDアルバム〈Mi manchi〉〈Non t’amo più (君なんか もう)〉をリリース。二期会会員

p.takada

髙田 恵子 Keiko TAKADA
piano


 

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を経て、同大学研究科を修了。これまでにピアノを、浅間佳世子、野平龍一、椙守光恵、金澤希伊子、船津聡子、J.ルヴィエ、Y.インジックの各氏に、ピアノ及び歌曲伴奏法を星野明子氏に、室内楽を藤井一興氏に師事。
2009年 第14回日本モーツァルト音楽コンクール奨励賞。2010年 第8回チェコ音楽コンクール第2位。ピアノソロ、声楽や器楽との共演で各地の演奏会に出演する他、オーケストラの鍵盤奏者として等、演奏活動を続けている。
桐朋学園大学声楽部会の嘱託演奏員を務めた後、現在、二期会オペラ研修所、日本声楽家協会ピアニスト。